ホルモンバランスが良い状態とは・・・

女性の体はエストロゲンとプロゲステロンの影響を受けながら、毎月一定のリズムで生理を繰り返しています。生理から排卵まではエストロゲンの分泌が増加し、 排卵後は逆にプロゲステロンの分泌が増加するというふうに、生理の周期に合わせて、二つの女性ホルモンの分泌量は変化しています。

生理前後の肌の変化

生理後から排卵まではエストロゲンの影響で、肌の状態や体調が良く、明るい気持ちで過ごすことができます。しかし排卵後はプロゲステロンの影響で、体はむく みやすく、肌の状態も悪くなりがちで、気分も不安定になります。女性の体は1ヶ月のなかでもホルモンの影響で、体も肌も精神面でもその状態はめまぐるしく 変化するのです。

参考:女性ホルモンと肌荒れについて

けれども逆に、このことを知っていれば、仕事や旅行、スキンケアやダイエットなど美容面のプランも、生理周期に合わせて上手く予定ををたてることができるということです。生理周期と心、体の一般的な状態をきちんと理解しましょう。

生理期間はホルモンが低下する

生理が始まってからの約1週間が生理期間です。この時期はプロゲステロンの分泌がなくなるため、体温が下がり、血行が悪くなります。生理の初日から数日はホルモンの低下の影響で眠気があり、体はだるく生理痛もあったりするため気分も憂鬱なものです。

しかし、後半になると、徐々にエストロゲンの分泌が始まるため、気持ちは明るくなっていきます。ただしこの頃には片頭痛がおきやすいということも知っておくとよいでしょう。

生理後の卵胞期は女性が最も魅力的に見える

生理が終わってからの約1週間は卵胞期です。この時期に卵胞刺激ホルモンにより原始卵胞は成熟していき、エストロゲンの分泌が高まります。この作用により子宮内膜が増殖し、体は妊娠の準備状態になります。

完全にエストロゲンの優勢なこの時期は、気持ちが安定していて、体調も肌の状態もとても良くなります。身体のむくみも消えて活動的になれます。排卵に向けて女性が最も魅力的に見えるのがこの時期なのです。

排卵と黄体ホルモン

エストロゲンの分泌がピークを迎え、子宮内膜が十分に厚くなったとき、脳の指令により卵巣で育った成熟卵胞が刺激を受けて破裂し卵胞の中から卵子が飛び出すのです。これが排卵で、この排卵時の体調はさまざまで、一様ではありません。

排卵後の卵胞は黄体というものに変わり、黄体ホルモンを分泌します。ここからの約1週間を黄体期前半といいます。黄体ホルモンの作用で子宮内膜はふかふかと柔らかくなり、受精卵が着床しやすい状態で受精卵を待ちます。

この時妊娠を助けるためのプロゲステロンの分泌が高まりはじめ、エストロゲンからプロゲステロンへとホルモンバランスが急激に変化するデリケートな時期を迎えます。後半からは、疲れやすくなりがちですから、身体や心を少しずつ整えるようにしましょう。

黄体期後半はイライラや落ち込みが…

次の1週間は黄体期後半で、プロゲステロンの分泌が優位なため、体にさまざまな症状が現れやすくPMS期と呼ばれています。この時期は気分は落ち込み、イラ イラとすることが多く、むくみや便秘なども起こりやすく、肌の状態も良くありません。この時期、生理・排卵のある女性の約8割がこういった不調を感じてい ると言われています。

生理前の不調は、ストレスや過労が蓄積していると、その症状が強く現れるものです。この時期、なるべく無理をせず、身体を冷やさないよう気を付け、睡眠時間 をきちんと確保し、ゆったりとした気持ちで過ごせるよう心がけましょう。この生理前の不快感は生理が始まると自然に解消されるものですが、症状が強く辛い 時には婦人科を受診しましょう。ホルモンバランスを安定させる治療や漢方治療、鎮痛剤や安定剤などを使う対処療法などで、症状が少しでも改善されればこの 時期を楽に過ごせることでしょう。

ホルモンバランスが良い状態とは?

ホルモンバランスが良い状態とは、生理周期にともなってエストロゲンとプロゲステロンの2つホルモン量がきちんと変化していくことだと考えてよいでしょう。 成熟期の女性で、生理周期が25日~38日の間から外れている人は排卵や女性ホルモンの分泌に何か問題がある可能性があります。

生理がどんな周期できているか、経血量は多すぎたり少なすぎたりしていないか、経血の状態はどうか生理中の体調はどうかなど、毎回きちんとチェックするよう心掛けましょう。これらのことは女性の健康状態を知る大切なバロメーターになるのです。

 

Posted by officekt


PAGE TOP