女性ホルモンとおっぱい

女性にとって大切なおっぱいはどんな構造になっているのでしょう。その仕組みをきちんと知り、おっぱいを健康で柔らかに保つことで、女性ホルモンを整えましょう。

おっぱいは脂肪組織と乳腺組織でできていて、大胸筋がそれを支えています。乳腺組織に沿って血管とリンパ管が張り巡らされていて、そこを血液やリンパ液が流れています。

おっぱいのまわりの血液やリンパ液は、主に大胸筋の収縮によって循環していますが、首や背中、肩甲骨や鎖骨、上腕の筋肉なども、体液循環には重要な役割を果たしていることも、忘れてはなりません。

リンパ液は、血液中の酸素や栄養素を細胞に運んだり、また細胞から老廃物を運び出す役割をしています。この時重要なリンパ節はおっぱいの周辺にたくさんあるのですが、ブラジャーや、補正下着などが身体を締め付け、体液の流れを妨げていることがよくあります。

おっぱいの体液循環が悪いと、酸素や、栄養素を細胞に運べなくなり、二酸化炭素や老廃物も排出できなくなります。その結果おっぱいには老廃物が溜まり冷えて、柔軟性を失ってしまいます。

肩こり・むくみ・頭痛生理痛はおっぱいが原因?

現代女性は一般に呼吸が浅く、胸の筋力が弱く、大胸筋の弾力が十分ではないため、体液の循環を大胸筋によって上手くサポートすることができないのです。こうしておっぱいのまわりの循環が悪くなると、全身の体液や血液の循環も悪くなり、冷えや肩こり、むくみや、頭痛生理痛を引き起こすことになってしまいます。

腕やわき腹、胸や背中、肩などのストレッチをして、筋肉や腱に弾力を付けましょう。ワキのリンパ節も刺激されて、流れがよくなります。リンパ腺がたくさん集まる心臓に近い胸腺のマッサージは、体液の流れを改善し、代謝を良くしてくれます。腕やわき腹のストレッチをして、硬くなっているおっぱいを揺して、血液とリンパ液の循環を高め、柔らかいおっぱいを作りましょう。

体液の循環の滑らかな、柔らいおっぱいを持つことは、女性ホルモンを整えるのにも大変有効だと考えられています。また、この柔らかなおっぱいを保つことは母乳に関するトラブルを減らし、母乳育児をするお母さんを増やす結果につながったそうです。

 


PAGE TOP